トップページ > 観葉植物のお手入れ方法

お手入れ方法

観葉植物

手軽なお部屋のインテリアとしてとても人気な観葉植物は、室内で育てることができ、長く楽しんで頂けます。
部屋の中に緑があると、潤いのあるナチュラルな雰囲気になります。

観葉植物

長くお楽しみ頂くためには

水やり

夏場は成長期となりますので、土の表面が乾いたら水をあげましょう。
冬場は休眠期となりますので、水は控えめにあげます。土の表面を触って湿り気があるようなら、上げる必要はありません。
目安は1週間~10日ぐらい毎で充分ですが、鉢の大きさや葉の数で違ってきますので、葉先の状態や土の表面をチェックすると良いでしょう。
水をあげる際は鉢の底から水が出るくらい十分に与えますが、鉢皿に水がたまったままの状態は根腐れをおこしますので、頻繁にすてるようにしましょう。

置き場所

基本は、レースカーテン越しの日光がよく当たる場所に置きます。窓がある明るい部屋であれば特に窓辺に置かなくても問題はありません。特に夏場の窓辺や、直接日光が当たる場所は短時間でも葉や茎が茶色く変色してしまう事(葉焼け)がありますので、要注意です。
亜熱帯から熱帯の植物なので冬場の低温にも注意が必要です。
場所によっては暖房を切った後に急激に温度が下がるような環境にも要注意です。また種類によっては極端に低温に弱い種類もありますが全部葉が落ちても、株自体は生きている場合もありますので、諦めないで管理すると春から夏場にかけて驚く程に葉が芽吹く事も稀ではありません。

お手入れのコツ

海外では「インドアプランツ」と呼ばれています。室内に適した品種が「観葉植物」として販売されており、できれば風通しの良い室内で管理鑑賞が基本です。
葉や幹に埃や汚れがつく場合には水で洗い流したり専用のクリーナーで掃除します。
また夏場にはどんどん成長しますので、不要な葉や幹などは「剪定」を行い形を整えてあげる事も必要です。また鉢内の株もどんどん根を張って成長しますのでできれば1年に1回ひとまわり大きな鉢に植え替えることも長く観葉植物を楽しむコツとなります。

贈る時のポイント

サイズや種類も豊富なので、お届け先での置くスペースや店内の雰囲気に合わせて贈れるギフトとして人気です。
長く楽しむことができ、お手入れも簡単なので、お忙しい方にも喜ばれます。


  • サンスベリア

  • ウンべラータ