トップページ > お彼岸のお花の贈り方

お彼岸

仏教行事の一つで春分の日、秋分の日を中心に前3日と後3日の計7日間をお彼岸といいます。寺院では、この期間に彼岸会を営み、読経、対話等が行われます。信徒は参詣して先祖の墓にお参りし供養を行います。お彼岸には故人を偲び、お供えのお花を贈りましょう。お花は心が伝わる贈り物。思いは手向けた方に伝わることでしょう。

お花を贈る際の注意点

春分(秋分)の3日前の日を「彼岸の入り」といい、3日後を「彼岸の明け」と言います。春分の日、秋分の日は、その中間に位置しますので、「彼岸の中日」といいます。お花は「彼岸の入り」の午前中までに贈るのがよいでしょう。初めてのお彼岸を迎えられ法要が行われる場合は前日にお届けすることをおすすめします。お亡くなりになって年月が経っているのでしたら、淡いお色が入ったお花も良いでしょう。

用途にあった商品形態や参考価格帯など

清楚なユリに心癒されます。

淡い色の花を使うことも多くなっています。

フラワーギフトとしてご自宅にお届けする場合は、フラワーアレンジメント(5,000円~)や花束(5,000円~)がよいでしょう。お墓参り用や仏前用には対の組み花(1対で3,000円程度)をご用意しています。

シーンごとの贈り方

柄のついたバスケットは持ち運びやすいです。

お届けしたお花をご仏壇まわりにお供えすることを考えると、フラワーアレンジメントや花瓶に生けることができる花束が良いでしょう。またお墓参りにお出かけになられる場合がありますので、事前にご予定を確認するのが良いでしょう。メッセージカードに故人を偲ぶ思い出の一文を書き添えれば、より一層心のこもった贈り物になるでしょう。

日比谷花壇でのサービス

華やかな色合いの花々を供花や生け花として。

オンラインショッピングでは、お線香をお花に添えて贈ることができます。また一部の店舗では、お線香の販売を行っております。

日比谷花壇では切り花やフラワーアレンジメントが少しでも長く、美しく楽しんでいただけるように、「切り花ながもち液」や「花想いシール」をお付けしています。お彼岸の期間中に、お花が長持ちするように「切り花ながもち液」や「花想いシール」をぜひご利用ください。

よくあるご質問と答え

Q.1
初めてのお彼岸ではどんなお花をお届けしたらよいでしょうか?
A.1
地域の習慣によって色使いは異なる場合があります。最近では四十九日にならない場合でも白以外の淡い色合いを使われる方もいらっしゃいますので、故人の好きだった色やお花をお贈りしてもよいでしょう。
Q.2
お届けのタイミングで一番良いのはいつですか?
A.2
「彼岸の入り」の午前中までに贈るのがよいでしょう。遅くとも「彼岸の中日」までにお届けできるようにします。ただし、初めてのお彼岸を迎えられ法要が行われる場合は前日にお届けすることをおすすめします。

お急ぎの方はこちら

お近くの日比谷花壇のお店とイーフローラ加盟店からお花を注文することができます。お花を手渡しする場合や急な花贈りの際にご利用ください。

全国の日比谷花壇のお店を検索できます。店頭の商品をお客様がお持ち帰りになられる場合にご利用ください。

お花屋さんから贈る elora イーフローラ

お急ぎの方は、イーフローラの「イーフローラクイック」をご利用ください。午前10:00までのご注文であれば、当日のお届けも可能です。お届け先近くのお花屋さんが手渡しでお届けします。

※日比谷花壇オンラインショッピングの商品や花贈りガイドに掲載している参考商品は、日比谷花壇のお店及びイーフローラ加盟店では販売していない場合がございますので、予めご了承ください。

お花の贈り方ガイドは役に立ちましたか?

大変役にたった 役に立った あまり役に立たなかった 役に立たなかった
戻る