トップページ > 花鉢のお手入れ方法

お手入れ方法

花鉢

つぼみが花開く姿や、日々表情を変える様子は、日々の生活を華やかに彩ってくれます。太陽の光を浴びていきいきとした花たちの様子を見ることが、いつのまにか毎日の楽しみに加わります。

花鉢

長くお楽しみ頂くためには

水やり

夏場は土の表面が乾いたら水をあげましょう。
冬は土の中が乾いていない場合もあるので2、3日後にあげましょう。
あげる際は鉢の底から水が出るくらい十分に与えますが、鉢皿に水がたまったままの状態は根腐れをおこしますので、頻繁にすてるようにしましょう。
植物の種類や、花数、葉の枚数などにより「蒸散(※1)」が異なりますので鉢表面の土の状態を観察し季節、気候に合わせた水やりのペースを探す事がコツです。

(※1)植物が水を消費する作用

置き場所

屋内で管理が必要な花鉢の場合、日当たりの良い場所に置きましょう。
ただし春から夏に向けて直射日光が強くなってくると同じ場所で管理しても葉の色が変色してしまう(葉焼け)事がありますので、レースカーテンなどで遮光したり、置き場所を変えたり工夫が必要となる場合があります。

屋外で管理が必要な花鉢の場合、日当たりの良い場所や風通しの良い場所に置きましょう。地面に直接置くのではなく、スノコやレンガ、ガーデニング用のシェルフなどで鉢上げすると良いでしょう。
また、葉焼けしやすい植物は直射日光を避け、半日陰で管理することをおすすめします。

お手入れのコツ

花や葉が枯れた部分はつみ取ってあげましょう。
但し、その際に無理やりつみ取ると茎に傷がついたり折れてしまう場合がありますので、不慣れな場合は清潔な鋏などで切り取ってあげても大丈夫です。
不要な花や葉を取り除く事によって、水分や栄養がこれから必要となる部位にまわり「株」にとって効率が良くなり沢山の花を長く楽しめるようになります。
また、満開の花を長い間そのままにして楽しむと「株自体」のエネルギー消費が増加し、「株自体」を弱らせてしまいますので、できれば花が満開になるまえに切り取り「切花」として楽しんで頂くことがおすすめです。

贈る時のポイント

お庭をつくることが好きな方や、お花を育てることが大好きな方には最適なギフトです。ただし、お見舞いには根のついたプレゼントが嫌われる事もございますので、花鉢を贈ることは避けたほうが良いでしょう。
(※鉢物は「根付く=寝づく」という語呂合わせから、お見舞い用には避けた方が無難です。)


  • 鉢植え