トップページ > 通夜・告別式のお花の贈り方

通夜・告別式

通夜は故人の成仏を祈る、告別式は葬儀に於いて、故人および故人の霊に対して別れを告げる仏教の儀式です。会葬者は香典、供花、供物などを霊前に供える習わしがあります。こうしたお供えの本来の形は、神仏に供えるものでしたが、故人を追悼する気持ちを込めるようになっていったようです。また、花輪や生花などは、葬儀場や祭壇を飾り、その場を聖化する意味もあります。宗教による供花の違い、地域による慣習(飾り方)の違い、お届けまでのお時間が短い場合など、お困りになることも多いのが通夜・告別式のお花になりますので、花贈りガイドの内容をぜひご参考ください。

お花を贈る際の注意点

仏式の場合、通夜、告別式が同じ場所(ご自宅あるいは葬儀場)で行なわれる場合は、通夜にお届けします。通夜開始時刻の2時間前までのお届けがよいでしょう。(ただし厳冬期の山間部などでは凍結を防ぐために告別式にお届けする慣習のところもあります。)通夜と告別式が別の場所で行なわれるときは、告別式にお届けします。告別式開始時刻の2時間前までにお届けしましょう。なお、葬儀場、葬祭ホールで会場によっては、会場の指定業者がお花を取りまとめることがあり、外部からお花の持ち込みができない場合があります。 また持ち込みができても、持ち込み料金が別途必要になる場合があります。

キリスト教の場合、本来キリスト教では通夜は行いませんが、日本の習慣に従って前夜祭を採用しています。前夜祭はご自宅で行う場合と教会堂を借りて行う場合があります。前夜祭にお届けする場合は、前夜祭開始時刻の2時間前までのお届けがよいでしょう。告別式は教会堂で行なわれます。教会堂の葬儀にお届けする場合も開始時刻の2時間前までにお届けしましょう。

※故人やご家族の意思、また親族での密葬の場合などは供花をご辞退される場合がありますので事前に確認されると良いでしょう。

用途にあった商品形態や参考価格帯など

スタンド花は贈る前に事前の確認を。

亡くなった故人のご自宅には枕花を。

細網台付き枕花(15,000円~)、スタンド花(15,000円~)、フラワーアレンジメントと花束(5,000円~)が目安になります。

枕花は故人の枕元近くに置くもので、通夜や葬儀の日程に合わせず早めに飾られます。一般に親族等、故人と非常に親しい関係にある方が贈るお花です。通夜・告別式で祭壇の近くに飾ることもありますが、スタンド花に比べ、札も小さく目立たないので弔問の方の目に留まらないこともあります。形態は網台を使ったものなど様々ですが地域の慣習に従ってお届けします。

シーンごとの贈り方

キリスト教式の場合はユリを使うことが多い。

通夜・告別式にお花のお届けが間に合わなかった場合は、ご自宅にフラワーアレンジメントをお届けすると良いでしょう。その際には初七日が過ぎるまではお忙しいことが考えられますので、落ち着かれた頃に、メッセージを添えて贈ると良いでしょう。

日比谷花壇でのサービス

バスケットアレンジは持ち運びが楽です。

宗教・宗派、地域による慣習(飾り方)の違いなど、お客さまからいただいた情報をもとにお届けするお花の形態や色合い等について適切なご提案をさせていただきます。

よくあるご質問と答え

Q.1
恩師のお通夜が葬祭ホールで行なわれますが出席できません。いくらくらいの予算で、何を届けたらいいでしょうか?
A.1
15,000円くらいのスタンド花をお届けすることが一般的です。もし、ご予算が5,000円くらいでフラワーアレンジメントや花束をご希望でしたら、葬儀後にご自宅にお届けするほうが良いでしょう。
Q.2
仮通夜にスタンド花を贈りたいのですが。
A.2
仮通夜の場合、スタンド花はあまり置きませんので、フラワーアレンジメントや枕花のお届けをおすすめします。
Q.3
スタンド花の飾り方はどのようになりますか?
A.3
スタンド花は1基で飾る場合と1対で飾る場合があります。また1段式のものと2段式のものがあり、スタンドの材質や形態も全国で様々です。地域の慣習によりお手配内容は変わります。現地の生花店からのお届けが基本になります。
Q.4
花輪は最近使われますか?
A.4
花輪は統一規格で並ぶことになるので、周囲と同じ形状に揃えることになります。最近は会場の事情から花輪は敬遠されることが多いので事前に確認が必要です。
Q.5
仏式、キリスト教式の木札の書き方を教えてください。
A.5
仏式のお花に付ける木札は贈り主様のお名前のみを記します。キリスト教の場合、札名は、仏式同様に贈り主様のお名前のみ記しますが、式場に飾る場合は札を取り外して飾ります。また会場で芳名板などに名前をまとめて書き直して飾る場合もあります。
Q.6
主にどんなお花が使われますか?
A.6
仏式の場合は菊の花を中心に白いお花でまとめるのが一般的です。キリスト教式の場合はお花は洋花で白を基調に仕上げます。淡い色合い(紫・青など)の花を入れてもよいですが、受け取られる方への配慮が必要ですので、色使いには十分に注意をします。

お急ぎの方はこちら

お近くの日比谷花壇のお店とイーフローラ加盟店からお花を注文することができます。お花を手渡しする場合や急な花贈りの際にご利用ください。

全国の日比谷花壇のお店を検索できます。店頭の商品をお客様がお持ち帰りになられる場合にご利用ください。

お花屋さんから贈る elora イーフローラ

お急ぎの方は、イーフローラの「イーフローラクイック」をご利用ください。午前10:00までのご注文であれば、当日のお届けも可能です。お届け先近くのお花屋さんが手渡しでお届けします。

※日比谷花壇オンラインショッピングの商品や花贈りガイドに掲載している参考商品は、日比谷花壇のお店及びイーフローラ加盟店では販売していない場合がございますので、予めご了承ください。

お花の贈り方ガイドは役に立ちましたか?

大変役にたった 役に立った あまり役に立たなかった 役に立たなかった
戻る